肝臓の役割とは

肝臓は解毒や代謝、胆汁を作ったり分泌する機能があります。
肝臓の健康には特に気をつけるべきだと言われるのは、重要な機能を担っているからです。
体に害が及ばないように、体にとって害のある物質を分解し、解毒する働きがあります。アルコールや老廃物などが体にとって有毒な物質であり、これらを解毒しないと大変なことになります。
消化吸収を助ける働きや、老廃物を体外に排出したり、血中のコレステロール濃度をコントロールしたりなど大切な役割がある胆汁を作ったり、分泌するのも肝臓の仕事です。
代謝機能も肝臓の役割であり、食事で摂取した栄養素を体に使用できるように形を変えていきます。
変化させた栄養素を溜めて、必要になった時に提供するという重要な仕事です。
肝臓は実に様々な役割を担っており、大切にしなくてはいけない器官です。
肝臓に負荷がかかると、肝臓の機能が低下し、体全体に不調を招きます。
症状が進行していくと合併症を引き起こすことになるので、肝臓に負担をかけない生活を心掛けることが大切です。
肝臓の健康を考えた生活を心掛けましょう。