肝臓の機能が低下するとどうなる?

肝臓の機能が低下している時、どのような症状が現れるのでしょうか。
足の裏や手のひら、爪の色が黄色っぽくなったり、顔色が淡い黄色になったり、睡眠障害、頭が重たい、疲労、口臭、便秘、手足が冷える、眠気、イライラ、めまい、肩や肩がこる…といった症状が現れた場合は、肝臓の機能が低下していることが考えられます。
アルコールを好んで飲む人であれば、量を減らしたり、食生活などの生活習慣が乱れている人は改善に努めましょう。
足の裏や手のひら、爪などの体が黄色っぽくなったり、仕事などでミスを起こしやすくなるなど、事故の危険も高まります。
なぜなら肝臓の機能が低下すると、注意力や集中力が落ちてしまうからです。
精神的な面にも大きな影響があり、イライラしたり怒りっぽくなるのも特徴の1つです。
首や肩がよくこるようになったり、ギックリ腰にもなりやすくなるのも肝臓が弱っているサインなので、これらを見逃さずに症状があれば医師の診断を受けましょう。
早く治療をしないと、どんどん悪化する恐れがあります。
症状を察知し、早期に発見して対処することが大切です。