肝硬変の症状とは

肝臓の機能が低下すると、肝硬変になる可能性が高くなります。
肝硬変にかかると食欲不振、倦怠感、体重減少、腹痛、下痢、疲労感、出血しやすくなる、顔色が黒い、肝臓が痛い…といった症状があらわれます。
肝硬変になると食欲が低下するので、自然に体重が落ちていきます。
食事の量が減ると当然体重が落ちますし、疲れたり体が怠くなりがちです。
腹痛と下痢も肝硬変の症状の1つなのですが、軽視されがちなので気をつけたいところです。
また、メラニンが増えるので、顔の色が黒っぽくなります。
肝臓が痛くなったり、鼻や歯茎から血が出やすくなるので、このような症状に心当たりがあれば、肝硬変にかかっている可能性があります。
肝硬変はそのまま放っておくと、命に関わってくる恐ろしい疾患なので、早期に発見し、進行を食い止めることが大切です。
もし、症状などの異常を感じた場合は、速やかに医師の診断を受けることをおすすめします。
肝硬変を未然に防ぐためにも、お酒を大量に飲んだり、生活習慣が乱れないように気をつけましょう。