肝臓の数値に異常があると

肝臓の機能が低下すると、アルコール性肝障害や肝硬変、脂肪肝など様々な病気を引き起こします。

 

肝臓に中性脂肪が溜まると脂肪肝になります。
アルコールの過剰摂取や肥満、糖尿病が原因で発症します。
脂肪肝はそのままにしてしまうと、肝硬変に進行する恐れがあるので、早期に治療を受けたいところです。
慢性肝炎が続くと、肝臓が小さく固まってしまい、肝硬変になります。
肝硬変は肝臓がんになる危険が高まり、肝臓の機能が落ちるだけでなく、命に関わることもあるので、注意しましょう。
アルコールを過剰に摂取するとアルコール性肝障害になり、その名の通り肝臓に障害が発生します。
症状は、食欲低下や嘔吐、吐き気、下痢、腹痛などです。
症状が悪化すると、全身が怠くなったり、吐き気、吐血、嘔吐、腹水、意識障害などが現れ、命に関わることも珍しくありません。
肝臓の数値が正常でない場合は、大きな疾患にかかる可能性があるので、心当たりがある人は気をつけて下さいね。