脂肪肝の原因とは

メタボリックという言葉をよく耳にするようになりましたが、脂肪肝という言葉はメタボと比べるとメジャーではありませんよね。
食事によって摂った脂肪を脂肪酸に分解されて、肝臓に届くようになっています。
つまり、食事によって脂肪をたくさん摂ると、その分肝臓に送られてくる量も増加します。
中性脂肪を作る性質がある脂肪酸は、肝臓内で中性脂肪を溜めてしまう恐れがあり、これが原因になって脂肪肝になるのです。
アルコールをたくさん摂る習慣がある人や、高血圧や糖尿病の人がなりやすい傾向にありますが、アルコールを摂らないからといって脂肪肝になる可能性も十分にあります。
病気でなくても肝臓内に脂肪が3%から5%程度溜まってしまいますが、5%を超えると脂肪肝だと診断されます。
中年以上の人だけでなく、若い人にも脂肪肝が発症するケースが増えてきたようです。
脂肪肝になると『フォアグラみたい』だと言われていますが、まさにそのような状態になります。
脂肪肝で命を落とすことはありませんが、脂肪肝を放置していると肝炎や肝硬変を招く原因になります。
気づかないうちに脂肪肝になっている場合が多いので、定期検診などを受けて早期に発見したいところです。
もしすでに体が怠い、胸焼けがする、といった症状が出ている場合は脂肪肝が進行している可能性があります。